最新記事一覧

血液の問題

レディ

そもそもヘモグロビンa1cとは

 健康診断などで血液検査を行った際、「ヘモグロビンa1c」という項目を見たことはあるでしょうか。聞きなれない言葉で読み飛ばしているかもしれませんが、実はいろんなことを教えてくれる項目なのです。  主に活躍するのは糖尿病の検査です。そもそもヘモグロビンとは、血液中の赤血球に含まれているタンパク質の一種です。この部分に酸素が結合し、赤血球は体中に酸素を運んでいます。  このヘモグロビンは赤血球内で糖付加を受け、この反応は糖化と呼ばれます。ヘモグロビンにはaとfの種類があり、糖化を受けたヘモグロビンaはヘモグロビンa1と呼ばれます。さらに糖付加の違いによってヘモグロビンa1a,ヘモグロビンa1b,ヘモグロビンa1cに分けられます。このうちヘモグロビンa1cは糖尿病で特に増加するため、糖尿病の重要な指標の一つとされています。  特徴として、一時的な生理条件に左右されず、過去1〜2か月の平均血糖値を反映することが挙げられます。これはヘモグロビンの血中寿命がおよそ120日であり、体中をめぐるうちに糖化を受けるためです。糖化されたヘモグロビンが多いということは、血液中に余分な糖が多かったことを示すのです。

血糖値と合わせて値を解読してみましょう

 健康診断となると張り切って運動や食事制限を行う方がいます。検査をしてみると血糖値が低い、これで良かった、一安心とはいきません。あわせてヘモグロビンa1cの値も確認してみましょう。数値が上昇しているようであれば、その検査を行った瞬間は血糖値が低かったかもしれませんが、実はこの1〜2か月の血糖の状態は良くなかったとわかるのです。逆に血糖値が上がってしまっていても、ヘモグロビンa1cが下がっていれば、長期的な血糖の状態は良かったと判断できます。  しかし、あまりにも現在の血糖値とヘモグロビンa1cの値に解離がある場合には、他の症状が疑われる場合もあります。例えば尿毒症、高ビリルビン血症ではヘモグロビンa1cの値は実際より高くなります。また出血、溶血性貧血などでは実際よりも低い値が出るため注意が必要です。  一つの検査項目ですが、血糖値と組み合わせることで様々なことが読み取れます。糖尿病が気になる方も気にならない方も、一度ご自分の検査結果を確認してみてはいかがでしょうか。

RECOMMEND POST

レディ

健康的に痩せるために

青汁ダイエットは、急激な体重変化は期待できないものの、リバウンドの心配なく、必要な栄養素を補った上での、健康的なダイエット方法です。朝食の代わりに摂取したり、ダイエット生活の中に上手に取り入れることで、健康的な痩身効果が期待できるでしょう。

詳しく見る

婦人

置き換えダイエットの方法

メディアの宣伝等により、酵素ドリンクを使った置き換えダイエットがブームになっている。口コミサイトのランキングが上位の酵素ドリンクは人気商品になっており、優れたダイエットの効果が期待できる。酵素ドリンクは栄養価が非常に高いため、健康的なダイエットをすることが可能である。

詳しく見る

ウーマン

新たな手法です

ダイエット効果を促すお茶には糖質や脂質の吸収の抑制、そして脂肪排出に携わる様々な成分が加えられています。また、お茶の摂取は手軽なため、今後食事や運動に加え、ダイエットに幅広く取り入れられることが予測されます。

詳しく見る

Copyright© 2017 血栓が詰まることで様々な病気にかかるため食事に気をつける All Rights Reserved.